Macのデスクトップ画面でのファイルを隠すには、ライブラリフォルダに秘密のファイルを保存する新しいフォルダを作成するだけで実現されます。

・今使っているアカウントとは別に、もう一つのユーザーアカウントを作成し、プライベートファイルをその新しいアカウントに移動することも、ファイル・フォルダを隠すための1つの方法です。

・ハードドライブのFileVaultを有効にし、ディスク全体を暗号化させることで、どのアカウントを使おうとは関係なく、そのドライブ上に保存された内容にアクセスするには、パスコードを入力する必要があるようにします。

ターミナルコマンドを使用して、Mac上のフォルダを隠します。
ファイルを隠すためのサードパーティ製アプリでファイルを隠します。

以上の方法の中で、Macに対応していて、ファイルを隠すことにおいてのプロ級のアプリを使用するのは、Mac上に隠しフォルダーを作成するのに最も簡単安全な方法です。ライブラリフォルダ、新しいユーザーアカウント、FileVault、そのどちらも、プライベートファイルを詮索好きな目から守りきるのに確たる安全性が足りません。また、ターミナルコマンドでファイルを隠すと、Macのデスクトップ画面やFinderからファイルを不可視化にすることはできますが、そのターミナルコマンドを実行するのは少しトリッキーで、また隠しファイルを表示・非表示にするための特別なキーコンビネーションやコマンドを覚えておく必要があります。一方、プロのアプリでファイルを隠す場合は、プライベートファイルとプライベートフォルダを暗号化するだけでなく、隠されたファイルにアクセスすることを簡単にすることもできます。

FonePaw Hidata」は、Mac専用のプライバシー保護アプリです。このアプリは、Mac上のファイルやフォルダをよく隠すことができます。つまり、Mac上でファイルを不可視化にするだけでなく、そのファイルをMacシステムで認識できない形式に変換して、ユーザー以外の誰もが隠しファイルにアクセスすることができないようにします。また、あらかじめに設定したパスワードを使用すると、すでに隠されたファイルに簡単にアクセスし、その内容を見ることができます。

Hidata フォト 追加

FonePaw Hidata」は、MacOS Mojave、High Sierra、Sierra、El Capitanなどのファイルを隠すことができます。今では無料でダウンロードすることができます。


・Mac上でファイルを隠す方法
・Macで隠したファイルを確認する方法


・Mac上でファイルを隠す方法


FonePaw Hidata」を使ってMacでファイルを隠す方法をご紹介いたします。

Mac Version Download

ステップ1 ファイルを隠すためのパスワードを設定する

まずはHidataを起動します。 Hidataを初めて起動するときは、隠しファイルを保護するためにパスワードを設定する必要があります。パスワードを2回入力し、パスワードのヒントを追加します。パスワードのヒントは、パスワードを忘れた場合にそれを思い出させる手助けとなります。

Hidata パスワード設定

注意:パスワードでアクセスするのは、Hidataに隠されているファイルにアクセスする唯一の方法です。したがって、パスワードをしっかりと記憶して、紛失させないようにご注意ください

ステップ2 隠したいファイルをHidataに追加する

パスワードを入力したあと、Hidataのメイン画面に入ります。真ん中のプラスアイコンまたは下の「追加」ボタンをクリックして、Mac Finderまたはデスクトップ画面から隠したいファイルを追加します。あるいは、ファイルを破線の長方形にドラッグするだけです。文書ファイル、メディアファイルなどを含め、さまざまなファイルを追加することができます。

Hidata ファイル 追加

ステップ3 Mac上でファイルを隠す

ファイルの横にあるボタンをオンにすると、ファイルは即座に非表示になります。

Hidata 起動

複数のファイルを非表示にするには、ファイルを選択して「隠す」ボタンの横にある三角形のアイコンをクリックし、「選択した項目を隠す」または「すべての項目を隠す」をクリックします。

Macで隠したファイルを確認する方法


Hidataでは、隠しファイルを二つの方法で確認することができます。
隠したファイルを開くには、システムがファイルを再び識別できるように、ファイルの隠しを解除する必要があります。

一つは、Hidataの中に、ファイルの横にある青いスイッチをオフ(灰色)にします。そうすれば、すでに隠されたファイルを簡単に再表示または閲覧することができます。Hidataアプリ本体で隠された写真やビデオを閲覧することができます。非表示の文書ファイルを閲覧するには、ボタンをオフにして一時的に文書ファイルを再表示にし、虫眼鏡のアイコンをクリックして文書ファイルを見つけ、ダブルクリックしてそれを開きます。文書ファイルを閉じたら、ボタンをオンにして再び非表示にすることができます。

Hidata リスト

もう一つは、Hidataのメイン画面から隠しファイルにアクセスするほかに、メニューバーのHidataユーティリティから隠されたデータに素早くアクセスすることもできます。メニューバーのユーティリティからHidataに入る場合も、パスワードを入力する必要があります。

Hidata メニューバーリスト

Hidataは今無料でダウンロードすることができます。Macにインストールして試してみてはいかかでしょうか?

Mac Version Download

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾