文書の書式や内容が変えられることを防ぐために、ワードを暗号化する方法は仕事でよく使われています。ワードをロックすると、知らない人に簡単に編集されなくなりますが、保護されたワードのロックをどうやって解除するでしょうか。本文は、ワードのロック・解除方法について、説明します。

目次

一、Macの場合
1.ソフトウェアを使ってワードを保護する方法
2.ワードをロックする方法
3.保護されたワードのロックを解除する方法
二、Windowsの場合
1.ワードをロックする方法
2.保護されたワードのロックを解除する方法

パソコンの種類とワードのバージョンが異なるので、本文ではワード2016を例にして、操作方法をMacとWindowsにわけて説明していきたいと思います。まずは、Macの場合です。

一、Macの場合


実は、Macの場合、ソフトを非表示管理にして、パスワードをかけるソフトウェアを利用してワードを保護することができます。ワードをロックした後、ワードを隠して他の人に見えないようにすることもできます。

1.ソフトウェアを使ってワードを保護する方法


FonePaw Hidataは、Mac上の個人情報を守るためにデザインされたアプリです。「FonePaw Hidata」を使えば、ファイルやフォルダを完全に非表示できる上、アクセスするにはパスワードが要ります。詳しくは次の手順を見てみましょう。

STEP1 「FonePaw Hidata」をインストール

まずは、「FonePaw Hidata」をダウンロードして、Macにインストールします。

Mac Version Download

STEP2 パスワード設定

「FonePaw Hidata」を利用するには、まずはアプリ全体のパスワードを設定します。このパスワードは「FonePaw Hidata」を開くに必要で、忘れると非表示にしたファイルをアクセスできなくなります。かならず、忘れないように保管してください。

パスワード設定

STEP3 ワードファイルを追加

「FonePaw Hidata」のメイン画面を開くことができましたら、「FonePaw Hidata」にロックしたいワードファイルをドラッグします。

ファイル追加

ドラッグされたワードファイルはリストに表示され、スイッチでオン・オフできるようになります。オンにすれば、ワードファイルは非表示になり、「FonePaw Hidata」の中からしかアクセスできません。

ワードファイルを非表示にする

STEP4 ワードファイルを管理

左側のメニューで、フォルダなどを作成し、ワードファイルをフォルダで管理できます。特に指定がない場合は、「ドキュメント」に収納されます。

ドキュメント

STEP5 ロックしたワードファイルを確認するには

「FonePaw Hidata」で隠したワードファイルは、「FonePaw Hidata」のリストから確認できます。また、「FonePaw Hidata」はメニューバーで表示されていますので、メニューバーから素早く確認することもできます(メニューバーの確認もパスワードが必要です)。

FonePaw Hidata

Mac Version Download

2.ワードをロックする方法


step1.パスワードをつけたいワードを開きます。そして、出てきた画面のうえの「校閲」を選択して、「保護」グループの「文書の保護」をクリックしてください。

文書の保護

step2.そうすると、「パスワードによる保護」の画面が出てきますので、「この文書を開くためのパスワードを設定する」「パスワード」の空欄にパスワードを入力してから、「OK」ボタンをクリックしてください。

パスワードによる保護

step3.パスワードを確認するため、パスワードの確認画面が出てくるので、パスワードを再入力してから「OK」ボタンをクリックしてください

パスワードの確認

step4.これで、文書にパスワードの設定が完了です。そして、「文書の保護」コマンドボタンがハイライトされるので注意してください。

3.保護されたワードのロックを解除する方法


ワードのロックを解除したい場合は、もう一度ワードを開いて、「校閲」「保護」「文書の保護」「パスコードによる保護」までクリックしてください。そして、「この文書を変更するためのパスワードを設定する」「パスワード」ボックスのパスワードを削除して「OK」ボタンをクリックすれば完了です。

この文書を変更するためのパスワードを設定する

二、Windowsの場合



1.ワードにパスワードを設定する方法


step1.ワードを開いて、左上の「ファイル」をクリックしてください。

ファイル

step2.「情報」の画面で「文書の保護」をクリックしてください。

情報 文書の保護

step3.そして、出てきた選択肢から「パスワードを使用して暗号化」をクリックしてください。

パスワードを使用して暗号化

step4.「ドキュメントの暗号化」の画面でパスワードを入力してから、「OK」ボタンをクリックしてください。

ドキュメントの暗号化

step5.Macの場合と同じように、パスワードの再確認画面が表すので、もう一度パスワードを入力して「OK」ボタンをクリックしてください。

パスワードの設定はこれで完了ですが、これからこのワードを開く前に、パスワードの入力が必要なので注意してください。

2.保護されたワードのロックを解除する方法


step1.保護されたワードを開くと、「パスワード」の画面が出てくるので、パスワードを入力してください。

パスワード

step2.パスワード設定の操作と同じように、「ファイル」「情報」「文書の保護」「パスワードを使用して暗号化」までクリックしてください。そして、パスワードを削除して「OK」ボタンをクリックすればロックが解除されます。

ワードにパスワードを設定して仕事に安全性と便利さをもたらしてくれますが、一度設定したらパスワードを絶対忘れないでくださいね。

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾