iPhoneを機種変更した際には、iTunesのバックアップデータを手元のiPhoneに復元しようとするうちに、突然「バックアップが壊れているか、復元対象のiPhoneと互換性がないため、iPhoneのバックアップを作成できませんでした。このiPhoneのバックアップを削除してからやり直してください。」というエラーメッセージが表示されます。いったいどうすればいいのでしょうか?まずはエラーの原因をチェックして、本記事の紹介した対処法で解決してみてください。

iPhone 復元 互換性がない

関連記事:
iTunesでバックアップができない時の原因と対処法
iTunesのバックアップの中身を確認する方法二選


旧いiPhoneの初期化でもう一度バックアップできない、そして既存のバックアップからもデータを復元できないなら、ここではiPhoneデータをiTunesバックアップから抽出できるiOS復元ソフトの使い方も説明します。

1、最新のiOSにiPhoneをアップデートする


復元先の新しいiPhoneのiOSバージョンがバックアップを取ったiPhoneよりも古い場合、「バックアップが壊れているか、復元対象のiPhoneと互換性がないため、iPhoneのバックアップを作成できませんでした。このiPhoneのバックアップを削除してからやり直してください。」というエラーが発生しますので、解決するためには新しいiPhoneを最新バージョンのiOSにアップデートする必要があります。

「設定」アプリ>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」を選び、iOSアップデートを実行してください。最新のiOSにアップデートした後、もう一度バックアップの復元を試します。

2、もう一度バックアップを取ってみる


本当にiTunesのバックアップが壊れていたため、新しいiPhoneに復元できない可能性もあります。その場合には、iTunesのiPhoneバックアップを削除してから、もう一度元のiPhoneからバックアップを取ってみてください。

バックアップの削除方法:
iTunesの「編集」>「環境設定」>「デバイス」タブでバックアップの確認画面に入ります。「デバイスのバックアップ」から既存のバックアップを選び、そして「バックアップを削除」をクリックして、「削除」を押します。

バックアップを削除

もし何度もiTunesでバックアップをとっても復元できないなら、iTunesの代替ソフトとする「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」を活用してiPhoneデータをバックアップしてもいいです。

3、iTunesバックアップからデータを抽出する


エラー「バックアップが壊れているか、復元対象のiPhoneと互換性がないため、iPhoneのバックアップを作成できませんでした。」でバックアップから復元できない時、古いiPhoneを初期化してしまった、或いは古いiPhoneが手元にない時、もう一度iPhoneのバックアップを取ることも不可能になります。その場合の解決策として、ここでは既存のバックアップからiPhoneデータを抽出するやり方を紹介します。

iTunesバックアップからiPhoneのデータを取り出すためには、FonePaw iPhoneデータ復元を利用することが必要です。ここで本ソフトをダウンロードして、パソコンにインストールしてください。

Windows Version DownloadMac Version Download

次には本ソフトでiTunesバックアップからデータをスキャンして復元する方法を説明します。

ステップ1、まずはソフトを起動して、「iTunesバックアップファイルから復元」を選択し、復元したいバックアップを選び、「スキャン開始」をクリックします。

iTunesバックアップファイルから復元

ステップ2、これでiTunesバックアップの中身をプレビューできます。左側リストでファイル種類を選択して復元したいデータを確認しましょう。

iTunesデータ一覧

ステップ3、抽出したいデータを見つけた時、ファイルを選択して、「復元」をクリックします。パソコンでの保存先を決めた後、「復元」を押してファイルをパソコンに保存できます。

iTunesデータ復元

データがバックアップから復元されたら、「FonePaw iOS転送」などのiPhone向け転送ソフトを活用して、抽出されたデータを新しいiPhoneに移行してみてください。

Windows Version DownloadMac Version Download

まとめ


「バックアップが壊れているか、復元対象のiPhoneと互換性がないため、iPhoneのバックアップを作成できませんでした。このiPhoneのバックアップを削除してからやり直してください。」が発生する場合、上記の解決方法に従ってエラーを修正してみるほうがいいです。そのほか、エラーが出た後、再びiPhoneバックアップを取ることができるためには、使っていたiPhoneを新しいiPhoneへ機種変更する場合、新しいiPhoneにバックアップデータを復元してから、古いiPhoneを初期化することをお勧めします。

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾