どんなに優れた製品であっても、長時間の使用で質が購入した時と比べたら、その差が分かりますよね。いい品質のため、みんなに愛用されているMacも時間の経過とともに操作のスピードがどんどん下がります。

何年間持っていたMacにソフトウェアやプログラムを追加すると、Mac本体はそんな「重さ」に耐えなくてスムーズな操作が難しくなります。時に、Macの起動が遅くなったというのもそのパフォーマンス低下の表現です。

「じゃあ、それはどうしよう?新しいやつ買えってわけ?」

ということを考える前に、新しいMacを買わずに済む方法がありますよ。本文はMacが起動遅い時の解決法をみなさんに紹介したいと思います。

関連記事

Macが起動しない・白い画面のまま起動できない場合の解決方法
【2019】Macクリーナー・掃除ソフトおすすめ5選

目次

オススメ:起動遅いMacをメンテナンスアプリで掃除しよう
一、デスクトップをきれいにしよう
二、定期的にMacを再起動しよう
三、常にゴミ箱を空にしよう
四、同時にに複数のアプリを開かないにしよう
五、不要なアプリを削除しよう
六、MacOSを再インストールしよう
七、セーフモードで起動しよう
八、ディスクのアクセス権を修復しよう
九、NVRAM/PRAMをリセットしよう

起動遅いMacをメンテナンスアプリで掃除しよう


Macの起動時間がどんどん伸びて、スピードも遅くなっていますか?FonePaw MacMasterというMac用メンテナンス専門ソフトを利用して、定期的にお掃除すれば、旧型のMacでも常にいい状態に保てますよ。

Mac Version Download

1.「FonePaw MacMaster」を起動して、ゴミデータ掃除、または拡張機能管理等の画面に入れます。
2.要らないファイル、キャッシュデータ、アプリケーションを消したり、拡張機能をオフにしたり等の操作によって、Macの起動スピードをアップします。
3.スキャン、選択、クリーンアップ。初心者でもマスターできる簡単の3ステップ操作です。

Mac 拡張機能管理

もしMac用のメンテナンスツールが探していれば、この「FonePaw MacMaster」が一押しです。上のダウンロードボタンをクリックして、無料試用版で起動遅いMacのメンテナンスを行ってみましょう!

Mac Version Download

一、デスクトップをきれいにしよう



デスクトップ掃除

よくMacを利用する人にとって、デスクトップは「作業台」と言えましょう。作業台が散らかしたら作業効率は悪くなりますし、Macを起動する時も必要以上の時間がかかります。デスクトップをできる限り早くロードする為、デスクトップをきれいにしましょう。

二、定期的にMacを再起動しよう


Macの起動速度が遅くなったら、それを再起動することによって、RAMが新しく動作して、バックグラウンドで動作しているアプリやプロセスも削除されるので、操作がスムーズになれます。

再起動したい時、デスクトップのアップルアイコンをクリックして、また「再起動」をクリックすればOKです。

三、常にゴミ箱を空にしよう



ゴミ箱を空にする

データーが多すぎると、Macの起動も遅くなります。

不要なデーターをゴミ箱へ移動しても、要らないデーターが消えてしまうわけではありませんので、定期的にゴミ箱をチェックして、空にする方がおすすめですよ。

「このMacについて」「ストレージ」「管理」「ゴミ箱を自動的に空にする」の順番で自動的にゴミ箱を空にする方法もあります。

関連記事:Macのゴミ箱を空にできない時の強制削除方法

四、同時に複数のアプリを開かないにしよう


同時に複数のアプリを開くと、限られたRAMの負担が増えますので、Macのパフォーマンスの低下や動作に影響を与え、起動時間も長くなります。同時に複数のウェブブラウザーのタグを開くことも同様なので、必要のないアプリを閉じてください。

五、不要なアプリを削除しよう


あんまり使わないアプリはMacに負担を与えるだけです。使わないのに、アプリが生じた無用なデーターや情報は依然としてそのまま保存されているので、Macの起動スピードの低下につながります。そのため、不要なアプリを削除してMacの「余裕」を作りましょう。

操作手順は:「Macintosh HD→アプリケーション」の中から要らないアプリを削除します。

しかし、これで要らないものをすべて削除できるわけとは言えません。いつも利用している「AppCleaner」をお勧めします。アプリ削除の定番ツールですよ!

AppCleaner

「AppCleaner」で簡単にアプリケーションを削除できるが、日本語に対応してありませんので英語苦手の方々では下記の関連記事を参考してください。

関連記事:【Mac実用技】アプリを安全・徹底アンインストールする方法

六、MacOSを再インストールしよう


システムファイルが壊されたやMacのコアな部分に異常が生じているため、Macの起動が遅くなる可能性がありますので、MacOSを再インストールすればよくなると思いますよ。でも、バックアップの上で再インストールすることがおすすめですよ。

step1.Macのシステムを終了します。
step2.Macの電源を入れます
step3.起動音がしたら、すぐ⌘+Rキーを同時に押します。
そうすると、リカバリモードになりますので、「MacOSを再インストール」を選択すれば完了です。

関連記事:リカバリモードでmacOSを再インストールする方法

七、セーフモードで起動しよう



Macセーフモード

セーフモードでMacにたまった「キャッシュ」を消去して、起動が遅くなったMacのスピードを上がることができます。

step1.Macを終了させます。
step2.10秒後くらい経ったらパワーボタンを押して、Macを起動させます。
step3.起動したその一瞬に、「Shift」キーを押しながら起動を続けます。
step4.「Appleロゴ」と信仰インジケーターが表示されたら、「Shift」キーを放します。
step5.起動が完了すれば、再度普段のように「起動」をしてください。

八、ディスクのアクセス権を修復しよう


起動ディスクのアクセス権の修復によって、Macの起動時間を短くにすることができます。

step1.「アプリケーション」「ユーティリティ」「ディスクユーティリティ.app」という順番でクリックしてください。
step2.「ディスクのアクセス権を検証」ボタンをクリックします。

ディスクのアクセス権を検証

step3.問題が見つかったら、「ディスクのアクセス権を修復」ボタンをクリックします。

ディスクのアクセス権を修復

step4.そうすると、起動ディスクは自動的に問題が発生しているかを確認しますので、「ディスクを検証」をクリックします。
step5.そして、こんな画面が出てきますので、「ディスクを検証」ボタンをクリックします。ディスクの検証中、Macの動作が遅くなりますが、気にならないでください。

ディスクを検証

step6.問題が見つかった場合、「ディスクを修復」をクリックすれば、修復が始まります。

関連記事:Macのディスクのアクセス権を修復する方法

九、NVRAM/PRAMをリセットしよう


NVRAMとは、コンピューターに内蔵されている小容量のメモリで、中にスピーカーの音量や画面解像度、選択されているディスクなどの所定の設定情報が記憶されています。PRAMにも似たような情報が保存されています。

NVRAM/PRAMに保存されている内容に問題が発生したら、起動が遅くなるおそれがありますので、NVRAM/PRAMのリセットを通じて起動スピードを上げましょう。

NVRAMとPRAMのリセット手順は同じです。

step1.Macのシステムを終了します。
step2.Macの電源を入れます。
step3.起動音がしたら、すぐに「alt/option」「command」「P」「R」を同時に押します。

NVRAM と PRAM のリセット

step4.だいたい20秒くらい押し続けてからキーを放します。
step5.Macを再起動して、2度目の起動音が聞こえるまで、キーを押したままにします。
step6.キーを放します。


関連記事:MacでPRAMとSMCをリセットするための完全ガイド


以上はMacの起動が遅い時の解決法です。簡単な操作とやや複雑な操作がありますが、紹介した方法を実践して、これからMacの利用に少しでも役に立てばと思います。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾