PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

ファイルまたはフォルダが紛失または削除された場合は、事前にパソコンまたは外部ハードディスクに取って置いたバックアップからファイルとフォルダを復元することができます。Windowsシステムには、ファイル履歴とWindowsバックアップという2つのファイルバックアップ機能が内蔵しています。

そのどちらの機能を使用してWindowsファイルのバックアップを取った場合は、以下紹介された手順に従って紛失・削除されたファイルを復元することができます。もしバックアップから紛失・削除されたファイルが見つからない場合、またはバックアップデータに何がの不具合が発生した場合、「FonePawデータ復元」を使用して、バックアップなしでお目当てのファイルを取り戻すことができます。

おすすめ記事:
Windowsバックアップ:パソコンをバックアップする方法
Windows 7/8/10のデータを復元する方法まとめ
MacのTime Machineでデータを復元する時の注意事項

バックアップなしの状況でWindowsのファイルを復元する


FonePawデータ復元」は、お使いのパソコン・外付けHDD・USBドライブ・SDカードをスキャンして、削除または破損したファイルやフォルダを見つけることができます。それは、該当ファイルやフォルダのバックアップ、復元ポイント、または以前のバージョンのファイルやフォルダがない場合でも、そのファイルやフォルダを見つけて復元することができる可能性があります。「FonePawデータ復元」を使用すれば、ドキュメント(.doc、.txt、.pdf、.xlsなど)、画像、ビデオ、オーディオなど、色々なタイプのファイルを復元することができます。

以下のリンクから「FonePawデータ復元」をダウンロードすることができます。

Windows Version DownloadMac Version Download

Windows データ スキャン

「FonePawデータ復元」を起動します。
・スキャンしたいドライブまたは外部ドライブを選択します。
「スキャン」をクリックして、紛失・削除されたファイルを検索します。
・復元するファイルを選択して、「リカバリー」をクリックします。

Windowsデータ復旧

Windows 10/8/7でバックアップからファイルを復元する


Windowsバックアップからファイルを復元するには、まず事前に作成したバックアップの種類を把握する必要があります。バックアップの種類がWindowsバックアップかシステムイメージバックアップによって、ファイルを復元する操作方法は異なります。

1.システムイメージバックアップから復元する


システムイメージのバックアップには、パソコンのハードドライブ上のすべての設定、プログラム、およびファイルが含まれています。システムイメージからデータを復元する手順は以下の通りになります。

ステップ1:「設定」>「更新とセキュリティ」>「回復」に移動します。
ステップ2:「今すぐ再起動する」をクリックします。

今すぐ再起動する

ステップ3:パソコンが再起動して、「オプションの選択」画面に入ったら、「トラブルシューティング」をクリックして、「詳細オプション」>「イメージでシステムを回復」をクリックします。

イメージでシステムを回復

ステップ4:画面の指示に従って、システムイメージのバックアップからWindows PCのデータを復元しましょう。

詳細オプション

お使いのパソコンが起動しない場合は、パソコンの「自動修復」機能を起動し、事前にバックアップしたイメージからパソコンを復元することができます。

2. Windowsバックアップからファイルを復元する


ステップ1:「コントロールパネル」>「システムとセキュリティ」>「バックアップと復元(Windows7)」を開きます。
ステップ2:「ファイルの復元」をクリックします。
ステップ3:「ファイルの参照」または「フォルダの参照」をクリックして、Windowsバックアップから復元したいファイルを探し出して復元します。

ファイルのバックアップまたは復元

ヒント:他のパソコンで作成したWindowsバックアップを外付けハードドライブからお使いのパソコンに復元する必要がある場合は、「ファイルの復元元として別のバックアップを選択します」をクリックし、バックアップデータから復元したいファイルを選択します。

Windows 10でファイル履歴からファイルを復元する


ファイル履歴を使ってファイルをバックアップした場合、そのバックアップデータからお目当てのファイルを復元する方法は三つあります。

1.設定からファイル履歴を復元する


ステップ1:「設定」>「更新とセキュリティ」>「バックアップ」に移動します。
ステップ2:「ファイル履歴を使用してバックアップ」の下にある「その他のオプション」>「現在のバックアップからファイルを復元」をクリックします。
ステップ3:紛失・削除されたファイルを選択し、復元ボタンをクリックしてファイルを復元します。

ファイル履歴を使用してバックアップ

2.コントロールパネルからファイル履歴を復元する


ステップ1:「コントロールパネル」>「システムとセキュリティ」>「ファイル履歴」をクリックします。
ステップ2:「個人用ファイルの復元」をクリックします。
ステップ3:バックアップデータの日時を選択し、その後表示されたファイルから復元したいファイルを選択します。
ステップ4:復元アイコンをクリックします。

ヒント:ファイル履歴を新しいパソコンに復元する


ファイル履歴を使用して、現在使っているパソコンから他のパソコンにファイルを転送することもできます。他のパソコンで作ったバックアップデータを外部ハードディスクに保存し、次の手順を従えば、外部ハードディスクからのファイル履歴のバックアップデータをお使いのパソコンに復元することができます。

ステップ1:バックアップデータが入っている外部ハードディスクをお使いのパソコンに接続し、「コントロールパネル」>「システムとセキュリティ」>「ファイル履歴」を開きます。
ステップ2:「このファイル履歴ドライブで以前のバックアップを使用します」の項目の横のボックスにチェックを入れます。

このファイル履歴ドライブで以前のバックアップを使用します

ステップ3:ファイル履歴のバックアップデータを選択し、「オンにする」をクリックします。お使いのパソコンは、新しいバックアップデータを作成し始めます。バックアッププロセスが完了するまで待ちます。
ステップ4:ファイル履歴を再起動し、「個人用ファイルの復元」をクリックします。ここで、現在のWindowsシステムの新しいバックアップデータだけでなく、外部ハードディスク上にある他のパソコンで作った以前のバックアップデータも表示されます。

以前のバージョンのファイルを復元する


ステップ1:「ファイルエクスプローラー」を開き、お目当てのファイルの保存先に移動します。
ステップ2:ファイルを右クリックして、「以前のバージョンの復元」を選択します。
ステップ3:復元したいファイルバージョンを選択します。

以前のバージョンの復元

ファイルの紛失を防ぐように、パソコン上のファイルを定期的にバックアップすることが重要です。バックアップデータがあれば、需要に応じて、いつでもお目当てのファイルを取り戻すことができます。もし必要なバックアップデータがない場合は、「FonePawデータ復元」を使って、バックアップなしで紛失・削除されたファイルを復元することを試しましょう。

Windows Version DownloadMac Version Download




評価:  / 5 (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾