X
年始年末セール

iPhoneを楽しむといえば、写真は欠かせない要素!いつでも写真を見られるし、カメラの質もいいので、綺麗な写真が撮れます。知らず知らずのうちに、iPhone内の写真が数千枚を超え、数万枚もある方さえいます。こんなにたくさんの写真、失くしたら大変ですよね。そのために、iPhoneの写真をPCと同期して、紛失を回避した方がいいです。


また、何もiPhoneだけで写真ができるわけではありません。パソコンで保存した画像、デジカメから取り込んだ写真、PCメールで受け取った画像などなど…必要によって、iPhoneに同期して、持ち歩く必要もあります。


ところで、iPhoneの同期が、最近上手くできません。同期をしたらデータが消えたり、何故かiTunesでは同期できなくなり、iTunesの操作が面倒だったり。こういう時は、どうすれば、iPhoneの写真を同期できますか?大丈夫です。「FonePaw iOS転送」という専門ソフトがあれば、iPhoneの写真管理は簡単にできますので、今回、このツールを紹介したいと思います。

Windows Version DownloadMac Version Download

iPhoneとPCの間に写真を同期する手順


ステップ1、インストールと接続
当たり前ですが、まずは「FonePaw iOS転送」をインストールします。そして、iPhoneをPCと接続します。「FonePaw iOS転送」はWindows・Macに両方対応しますので、どちらのユーザーも問題なく使えます。

「FonePaw iOS転送」をインストール

ステップ2、iPhoneから写真をPCへ同期
左側のメニューから、「写真」のメニューをクリックすれば、iPhone内の写真を全部見ることができます。同期したい写真を選択し、「エクスポート」→「PCにエクスポート」の操作で、選択された写真を簡単にPCへ同期できます!

iPhoneから写真をPCへ同期

ステップ3、PCからiPhoneに写真を同期
また、写真をPCから同期する場合、同じメニュー画面から、「追加」ボタンから、PCから簡単に写真をドロップできます。

PCからiPhoneに写真を同期

*ご注意:現在、フォトライブラリと自作アルバムにしか同期できません。


ステップ4、活用法:写真フォルダのまとめて同期
写真メニュー内に自由にアルバムを作成できますので、フォルダごと同期したい方には、追加ボタンの「新規アルバム」と「フォルダを追加」の機能を活用すれば、写真をもっと上手く同期できます。

写真フォルダのまとめて同期

ステップ5、別のiPhone/iPad/iPodへも同期できる
PCとの同期だけではなく、複数iOSデバイスを持っている方なら、デバイスを同時にPCと接続すれば、お互い同期することができます。例えばiPhoneからiPhoneへ写真を同期する場合、同時に接続すれば、「エクスポート」のメニューから直接同期することができます。

iPhone/iPad/iPodへも同期

様々なデータを同期できる!
写真だけではなく、他のメディア・連絡先・プレイリストなどのデータも同期できますので、色々活用できますよ!こちら「iPhoneに音楽を同期する方法」もどうぞお見逃しなく!興味ある方は、ぜひ無料の体験版で試してみてください。


Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   765   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾